風邪?

良い日が続きますね(^-^)

暑さ厳しいですが…カヌーは大人気です。四万湖あたりはとても賑やかです。

オートバイのツーリングも多く見かけます。こちらも暑そうですけれど…。

熱中症対策を万全にして、アクティビティをお楽しみくださいね(^_^)ノ

私は本当に久しぶりに風邪をひいたみたいで、とても喉が痛いです。前回は思い出せないほど前(何年前?)でしょうか?

薬をこれまた何年かぶりに服用しました。薬は苦手!あまりに咳き込んで苦しいので…。できれば避けたいですよね。

やはり、健康が一番の幸せなのだなと思います(笑)

頑丈そうな私は余り大切にされませんから、大切に扱われる女性に憧れをもちます…が、もうそんな事はどうでもよいです。

体調が良ければ心もちも良いですからね(笑)

あー、喉が痛い…焼きネギを喉?に巻くのは効果があるのでしょうか?なんだか怪しい治療法ですがね…(・ω・)

明日は水晶山の清掃(蛭退治)!絶対に参加するぞ!!蛭の奴が増えないためにもやっつけなければ…エイエイオー( -_-)o

 

 


至福の時間

四万は眩しい程の緑色と、川や湖の四万ブルーで最高の美しさです。

四万で美味しいコーヒーと読書を楽しむ。

至福の時間。

子供の頃は、<不思議の国のアリス>を愛読していました。

これくらいの時期になると庭のバラが美しく、自分がアリスになったみたいで、本の中に引き込まれたのを懐かしく思い出します。

また、読んでみようかしら(´ー`)

確か、カフェにも置いておいたはず…皆さんも美味しいコーヒーとお好きな本で至福の時をお過ごしください。


悩む

コタツ。

終おうかな…でも、梅雨時寒い事もあるしな…(・ω・)

インテリアは初夏なのに…炬燵。

 

四万温泉じゃきっとまだ、皆様悩んでおりますよ(笑)


母の日のプレゼントに

明日、娘が少し遅い母の日のプレゼントに玉川温泉一泊に連れて行ってくれると言う♪

幸せ( ´艸`)

娘が青森に住んで2年目、たいへんな仕事みたいだけれど、精一杯頑張っている。

こんなに遠くで、一人頑張っている。

身体が心配だ…玉川温泉一泊じゃあなたの疲労は回復しないでしょうが…私はとても幸せです。

またまた、あの玉川温泉に行けるとは…娘が青森に住まわなければ、遠すぎて縁のなかった温泉地です。

玉川温泉は秋田県ですが弘前からは車で2時間位で行けます。驚くほど公共交通機関の便が悪いのですから(゚ロ゚)車でないとアクセスがたいへんです。岩盤用の持ち物も多くレンタルはないのです。

岩盤用に、ダイソーでござを買い求めました。当然娘の分も。枕やバスタオル掛け布団も用意万端です。

北投石からのラジウムも浴びなければ!

なにしろ四万温泉のような癒されるおっとりした温泉地とは正反対の温泉地です。

ph1.2のお湯に入る際も、注意しなければならない点がいくつもあり、岩盤のテントの中も暗黙のルールがたくさんあるみたいで…去年は言い争いをしている人達がいて怖い思いをしました。

でも、なんだかまた必ず行きたくなる魅力があるのです。

あ!携帯電話や貴金属を入れるジップロックを持って行かねば!!


自然が近くにある幸せ

家の半径20メートルで、蕨、たらの芽、山椒、ふき、行者にんにく、柿、ブルーベリー、ジューンベリーetc.が収穫できる。これが、なかなかどうして忙しい。

ふきの炊き合わせと山椒の佃煮

あ、ドクダミ茶も作りたいな~( ´艸`)

自然の恵みをお料理するとき、自然の花木を生けているとき…何ともいえない良い気持ちになります。

すすき、センニチコウ

リラックスして、優しい気持ちになりますね。

幸福感で満ち溢れます。


衣食住を整える

GWで滞っていた主婦業を再開!

「やはり、家族の健康と活躍には衣食住を整える事が大切なのだ。」という持論(笑)

私と全く性格が違う妹は、「お姉ちゃんは家事が好きね~。私なんか家事が嫌いだからパートに出てるんだ。」とのたまう!

ちょっと!半分当たってるけど、頬っておけ!プンプン

そういう妹のバナナケーキがどこで食べたものより一等美味しいんだけれど( ´艸`)

あー、忙しい…楽しい!?

やっぱり家事が好き(^_^)ノ


熱く四万温泉の未来を語る

今晩は、お招きに預かりLANGOLINOの須永一久氏のお料理を頂いた。

すべてがシンプルな味付けだが、とても計算されている。

素材の味を生かすというよりは、合わせる物との調和をとり、一段と上のランクにしているという印象だ。

久しぶりに、ワインを呑んでしまった(^-^)

お酒は強くないけれど、やっぱり美味しい料理にはワインでしょ!!

社長と私と親愛なるスタッフと、須永シェフと、愛する四万温泉について語り合った(女子話も)。

本当に楽しい夜だった。

感謝m(_ _)m

 


ひとりでは…

今更ながら、ひとりではなにもできない。

誰もが支え合って生きている。

気づいていないだけで、見えないだけで。

誰かにお世話になっている、当然自分も誰かのお世話をしているのだ。

「粛々と自分の役割を果たす」

それこそがきっと“One for All , All for one”ということなのだろう。

このGWで、そして令和の始まりに、私が学んだ教訓です。