ナチュラリズム

四万温泉のこの頃は、小雨日も多くてまさしく梅雨といったような気候です。

奥四万湖の緑は眩しくて綺麗ですが、貯水量が少なく、吉永小百合さんのポスターのようなシマブルーではなく、この時期ならのミントグリーンの色。

クリームソーダのような感じです。

熊の出没情報も多いので、気をつけてくださいね(^^)b

草むらには山ビルがいますから、これもお気をつけくださいm(__)m

自然は美しさと危うさを兼ね備えています。

熊に出くわしたらひとたまりもありませんが、山ビルには塩が一番です。

散策には、熊鈴と塩を持ち歩くとよいですよ。

今の季節は、ジューンベリーのジャムを作ったり、どくだみ茶を作ったり、山椒の実をとったりします。

お義母さんの畑でもニンニクや大根が収穫できていて、虫食いだらけの大根の葉をお味噌汁に入れたりしてなるべく大切に使うように生活しています。

皮は干して切り干し大根を作る予定なのだけれど…お日様が出ないからどうなることやらσ(^_^;)?

これまで、色々なお料理を作ってきて思うのは、シンプルな味つけが一番だということ。

たまには、複雑な味つけのお料理もよいけれど…無理に新しい味つけにしない方がよいな…足し算ばかりだとカロリーも高くなるし、経費もかかる。

もっとも悪いのは、素材の味がわからなくなる。

これは、あくまで自称料理研究家である、私個人の思考ですが笑。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA