隠れ家2

四万温泉は私にとっては隠れ家ではないけれど…理想の隠れ家に最適な場所。

四万温泉の夜は、音もなく真っ暗で大きく、まるで胎児に戻ったかのようだし(笑)

四万温泉のお湯は優しく、傷ついた心や体を癒やしてくれる。

私がいつも、心に抱いている理想の宿の話。

最小限の接待。洗練されたスタッフでない限り、機械でのチェックイン、チェックアウトでよし。女将や宿の主人の挨拶はもちろん不要。荷物など持って貰いたくない。最小限の荷物で間に合う宿、それを承知の客しかいないからだ。

小さくても清潔な、プライバシーが守られた部屋。

洒落たラウンジに、美味しい珈琲と気の利いた小菓子が置いてある。会釈程度はするが思い思いに過ごし、三々五々部屋に戻っていくような粋な人物の溜まり場(笑)

立ち入った事を聞いてくる客や、身の上話をしてくる客も皆無。

食事もたいそうなものはいらない。

ブッフェ形式でサンドイッチやサラダ、スープ、果物が置いてありセルフサービス。ソフトドリンクやアルコールも好きな時間に好きな場所で楽しめる。

自分でカクテルが作れるようになっていたらなおさら良し♪バーテンダーの体験もできて楽しめる(^_^)bそうだ!柏屋カフェが開店当時出していたオリジナルカクテル(四万の清流)のレシピを置いておこう。地酒である貴娘ベースの美しいミントグリーンカラーのカクテルだ。

ナッツやチーズ、レーズンなどもあると良い。

騒いだり、怒鳴り散らす客など一人もいない。皆、静かに自由に四万時間を楽しむ。

読書には裏山のハンモック、川岸に川床もあるといい。川床はヨガやストレッチにも使えるな…。

川床は、夏期はビアガーデンにしてもよいな。ムーミンの小説に出てくるようなパーティーを開いて…誰でも参加できるようにしたら静かなだけでなく、少し酔って楽しい夜が過ごせるだろう。バイオリンやウクレレができる人に少し弾いてもらってもよいなぁ♪

裏山の坂道でトレーニングしたり、奥四万湖までランニングやウォーキングしてくるのもよいな。

あー、全部実現できたらどんなにか素晴らしいだろう(笑)

私は「お籠もり宿」という言葉は嫌いだ、理想の「隠れ家」をいつも頭に抱いている。

考え出すと切りがない(x_x)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA