湯治場の役割より更に

群馬デスティネーションキャンペーンの一環で、四万温泉でもぐるりんバスが走っています。

吉永小百合さんがカヌー体験をされているCMで写し出されている、四万ブルーの奥四万湖。

ぐるりんバスで行けちゃいます(^_^)

ただ、やはり乗っている人は少ないですね。

ぐるりんバスを大いに利用していただいて、四万ブルーの美しさを皆さんに観てもらいたかったです。

四万温泉全体をリーズナブルに動き回り、楽しんで頂ける良い機会であったのに(T_T)

ぐるりんバスが、ガラガラの状態で走っているのを見るたびに「どうにかしなくては。」と思います。

しかし、今はどうにもならないのです。それこそ、【命あっての物種】ですから。

新型コロナウイルスと戦い、打ち勝った後、皆さんに四万温泉で心と体を癒して貰えるように準備しておかなければと思います。

それと、免疫力を高める食事や運動を組み合わせて、より強い体を作れる温泉地を個人的には目標にしているの(*´∇`*)

漢方や薬膳を取り入れて、様々な運動プログラムを組み合わせて、湯治と更に体作りまで出来る旅館が理想だな。

ここは、昔から、ぶれていないのよ私は!諦めていないの!

元々、四万温泉は湯治場なのだからじゅうぶんにその役割を果たせるはずです。

それには、経済的にもどうにか耐えていかなければな…精神論ではどうにもならないから(´・ω・`)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA