秋、酒蔵にて2019は、前橋で開催中!

秋、酒蔵にて

毎年、秋、中之条町の旧廣盛酒造で行われていたイベント「秋、酒蔵にて」が、今年は、場所を変え、前橋市の旧本間酒造にて、10/24-11/4まで開催されています。
「秋、酒蔵にて」は、旧酒蔵で指物、ステンドグラス、木工、陶芸、ジャンクアート、フラワーアート、ガラス、書、絵画などの作家達が料理とお酒、フラメンコと共に総合芸術のような空間を演出するイベントです。

私たちも、NAKAYOSHI COFFEEとして、1日限定で出店してきました。

会場の旧本間酒造は、大正時代に造られた酒蔵で、国の登録有形文化財(建造物)に登録されています。
歴史のある建物の中に、群馬県内の気鋭の作家たちの作品が展示されていて、作家も常駐していますので、作品についての詳しい説明を聞くこともできます。

そして、もうひとつのお楽しみは「食」。
県内の人気料理人が出向いて、秋、酒蔵にて限定のメニューを提供しています。

11月4日まで、お時間のある方はぜひお出かけください。
秋、酒蔵にて (facebook)

吉澤良一(指物) & 枡田弘彦(ステンドグラス)
吉澤良一(指物) & 枡田弘彦(ステンドグラス)

渡邊眞子(花)
渡邊眞子(花)
六箇山工房(ガラス)
六箇山工房(ガラス)
アキサカ食堂

NAKAYOSHI COFFEE

  • 店長の小林隆浩氏が焙煎しているcoffeeは、NAKAYOSHI COFFEEというブランドとして柏屋カフェ、柏屋旅館で皆様に楽しんで頂いています。

彼は奥様との結婚を機に、中之条町民になったわけでありますが、宇都宮出身の元サーファー(ドレットヘアだったらしい)と聞いております。最近は奥様がカフェを手伝って下さっており助かっております。とっても気が利くチャーミングな方ですよ(⌒‐⌒)

とても仲が良くて、奥様がお仕事からあがるとき「ありがとう。」と普通に言っているのを観て、羨ましかった。

私もそんな風に大切にされたかったな…。

私にとっては、年の離れた弟みたいな存在(8歳離れた弟にも本当によく似ている笑)です。

彼は、面倒見が良く人付き合が上手でスタッフをまとめるのがなにしろ巧い!

表舞台が苦手で人付き合いが苦手な私は彼のことをとても信頼しています(*^^*)

それでも、O型気質で頑固者。こうと決めたらきっとテコでも動かないでしょう。

私、自家焙煎coffeeって人柄が出ると思うのです。【NAKAYOSHI  COFFEE】と銘銘した時点でなんだか笑ってしまいましたが…そういえば【柏屋カフェ】もなんというか捻りがないと言うか笑

柏屋は、正直者の集まりということでお願いいたします

彼のコーヒーの味も雑味がなく調和のとれたスッキリ系の味なのかしら?私はそんな風に思います。

人によって感じ方は違いますし、同じお料理やコーヒーだとしても様々な場面において味は違ってきますからね。

さて、10月31日に前橋市旧本間酒造さんで行われております、【秋酒蔵にて】に小林隆弘氏と【NAKAYOSHICOFFEE】が出展いたします。

ご贔屓によろしゅうおたの申しますm(__)m

 

 

 


柏屋にゃんこはどこの国に分布しておるのでしょうか?

本日もたくさんのお客様にお運びいただきました。誠にありがとうございます。

小さなお子様や赤ちゃん連れのお客様が多く、可愛らしい笑い声でいっぱいの楽しい一日でした(*´∀`)

そんなことを振り返りながら、柏屋小にゃんこを作りました。

息子が、「旅館で今にゃんこが売れていたよ。」と教えてくれたので急遽チクチクしました笑

カフェにも、柏屋にゃんこを3組連れて行きましたので、四万温泉の思い出と伴に連れて帰ってくださいな(^^)d

今、世界のどんな国にいるのだろうか?

今までに何匹チクチクしたのかな?

「旅館に転がしておいたらお客様が喜ぶかしら?」と思って作り始めて十数年、実は本当の猫ちゃんは飼ったことがないのですΣ( ̄ロ ̄lll)


沼田観光

四万温泉にお泊まりの際、軽井沢や富岡の他に沼田観光も楽しいですよ(^-^)v

今日はつくしの会(四万温泉の旅館や商店の女将の会)で沼田地区の観光視察に行ってまいりました!

創作豆腐、生ゆば処  町田屋さんで生ゆばつくり体験をしたり、道の駅 川場で美味しいものを食べたりお買い物したり、原田農園さんでパフェ作りを体験したりと遊び処満載(゜∇^d)!!

すごいですよね、楽しかったな♪

町田屋さんでは、専務さんの熱いお話を聞いたりして…なにしろやる気がみなぎっていてびっくりです。

川場も原田農園さんもお客様が溢れていました。賑やかです。

でも、私がいつも思うのは四万温泉はこのままでいいんだ…ということ。

温泉には静かに滞在して、周りの観光地を巡って頂く。

四万温泉が変わる必要性はひとつも感じない。ただただ変わらずそのままでいることが重要な事だと思うのです。

変わらないということはとってもたいへんな事ですが、信号もコンビニも無いままここまで来たのだから…忙しく多くのイベントをしたり、流行りのものを取り入れたりしなくても、こじんまりと静かな四万温泉のままでよいのではないかな?

世の中が変わって行くなかで、変わらずそこにあると云うことは、実は知らない間に変化に順応しているということなのではないでしょうか(^-^)

そんなことを、日々考えて仕事をしてきた私は怠け者なのでしょうか(笑)


ハロウィーンにゃんこ

連日雨模様で足元が悪いなか、たくさんのお客様にお越しいただき感謝しております。

旅館、カフェ共にハロウィーンの飾りになりました。

今年は、飾りカボチャが育たなかったらしく、柏屋旅館恒例のハロウィーンプランやイベントが開催出来なかったので、柏屋オリジナルキャラクターの【柏屋モンスターズ】の出番も遅くなってしまいましたが、無事柏屋旅館に滞在しているようなので、皆さんどこかで出くわしたらオーバーアクションで驚いちゃってくださいな(^^)d

所々にハロウィーンにゃんこもいますよ!

旅館スタッフyu-kiちゃんの可愛らしいハロウィーンの絵もライブラリーに飾ってありますから旅館にお泊まりの方は楽しんでくださいね(゜∇^d)!!

今日、店長が「柏屋にゃんこ人気ですね!特に外国の方が買って行ってくれますよ。また、売り切れちゃいました。海を渡って行くんだからすごいですよね!」って誉めてくれたの(///ω///)♪

とっても嬉しかった。

そんなこと言ってくれると…また、ちくちくがんばって縫っちゃいますぞ♪


ジョーカー

独りぼっちで映画を観た。

【ジョーカー】

確実に私の中にジョーカーがいる。

しかし、私の日常は夢幻なのかもしれない。もしかしたら私自身存在していないのかもしれないな。

この社会も、貧富や善悪、愛憎なども妄想なのかもしれない。

多くの事は考えなかったし、悲壮感も感じなかった。

ただ、ジョーカーは自分のような気がした。

やはり、独りで観て良かった。なんとなくそんな気がした。

狂気とはなんなのだろうか?正気なひととはどんな人だろうか?定義はあるだろうか?

そう考えると人間は怖い。


なぜ、ただではすまない

昨日、暁の間のベランダとサッシの清掃をしていた時の話。

高いところを拭こうとベランダにあるチェアに靴下で乗ったところ「バキッ!」チェアの木の部分が割れて足がめり込んでしまいました。

アキレス腱をヤラレタと思ったのですが…強靭な肉体なのでしょうか?怪我ひとつない私(゜ロ゜)

マンガの様な展開です。

でも、そんな自分にも、もう慣れました。

社長に「お客様が怪我をしては大変です!新しいのを頼んでください!」と進言しました。

でも、本当に私で良かったです…。

そう考えると、私の日頃の運の悪さやドタバタ劇のような日常は役にたっているのかもしれないと思うのです。

起こるべくしておこっているのかもしれないな…。

昔、子育てに悩んでいたときに「障害をもった子供は親を選んで生まれてくるんだよ!どんなことがあっても立派に育てられる親を神様が選んでいるんだよ。」という言葉にどれだけ励まされたことか。

でも、もう一段落つけてもらえませんかねぇ?強靭な肉体でも精神的に疲れが来ております(笑)

心なしか、足のつけ根も痛んでまいりました。


スクールウォーズ

先日のブログで、陸上部の冬季練習にラグビーをしていた話をしましたが、なんだか懐かしくなり【スクールウォーズ】を観てしまいました。

あの時代はテレビなんか観ないほど働いて、遊んでの繰り返しだったから初めて観たわ。

今の時代には不適切な用語だらけの時代物青春ドラマです。

泣いたわ!名言だらけよ!

【信じ待ち許す】【信は力なり】もちろんラグビーの基本的精神である【One for all  All for one】など

展開の早さに戸惑い、「そんなことがあるんかい!」と憤りつつのめり込み、熱くなる私は、単純で真っ直ぐにしか進めない昔から中身が何にも変わっていないおばさんになっただけだった。

きっと、お婆さんになっても基本的には変わらないんだわ( ̄□||||!!

三つ子の魂百までも…。(怖)


苦悩

大きな台風が過ぎ去って行きました。

四万温泉は大きな被害はなかったのですが、各地でたいへんな被害をもたらしたとの報道に心が痛みます。

そんななかでも、四万温泉に足をお運びいただいたお客様に温泉と美味しいお食事を楽しんで頂きたいとスタッフ一同がいつもどうりの仕事をしております。

観光業は平和があってこそ成り立っているのです。

被災すれば、観光どころではないですからね。

しかし、苦しい中にほっと一息つける時間があれば希望が見えてくる。

美味しいものを食べたとき勇気が湧いてくる。

サービス業、観光業はそんなお手伝いができる仕事なのだと私は常に思っているのです。

災害が起こるたびに、いかに今までが恵まれていたか、あたりまえのことが実は奇跡に近い事だったのかを思い知らされます。

衣食住がある程度整っているということは、とてつもなく幸せなことなのだ。日頃のくだらない不満や欲望などは平和であるから出てくるのだと自分を戒めるのです。

きっとこれからは、大きな災害が繰り返し起こるでしょう。

人間の欲がひきおこした地球温暖化をどうしたら止めることができるのか。答えは出ているのだけれど、引き戻せない人間にはどうすることも出来ないのです。

それでも、どうすればよいのかを考える私と、もうどうすることもできないのだと諦めている私がせめぎあう。

仕事と環境問題を考えると眠れなくなります。

 


十三夜

今日は十三夜。

可愛らしいお団子ができあがったわ(*´∀`)庭の草花とススキのアレンジもできているし…うーん綺麗。

ただ、きっとお月様は見られないわぁ。悲しい(/。\)

台風も心配だわ、四万温泉は比較的あまり地震や災害に遇わなかったけれども、備えておかなければならないわ。

なんだか、嫌な予感がするの。

どんなに備えていても、大自然の猛威には人間などひとたまりもない。

自然は人間に恵みもあたえてくれるけれども、災害も同じくらいもたらすものなのだから…。